理想の外壁塗装業者とは

塗装業者は大手のハウスメーカーや地域の塗装業者、訪問でやってくる業者などどこの業者に頼めば良いのかわからなくなってしまう人は多いようです。

そこで私が調べた知識から理想の業者を考えてみました。

地域に密着して業績が長い業者を選びたい

その地域で長いことやっている業者はその地域の事をよくわかっているはずです。

地域の環境などはそこにいる人が1番わかっていますからね。

そして長い業績があるということは今までしてきたことの現れです。

信頼出来る業者じゃなければそう長くは続きません。

それに長い業績がある業者を選ぶとトラブルを起こして投げて逃げてしまうような悪徳業者を回避出来そうです。

全国に多数ある業者は一見しっかりしていそうに思えますが、トラブルを起こして消えてしまったり連絡が付かなくなったりしてしまう業者もあるのだそうです。

保証が長く付いている業者にせっかくお願いしたのに連絡してみても連絡がつかないというケースもありました。

中には怪しい業者もいるようですし、失敗された経験が有る方もいるようです。外壁塗装で失敗された体験談がこちらでも紹介されているのでチェックしてみると参考になります。

全てにおいてはっきりとしている業者

業者でも出来ることと出来ないことがありますよね。

無茶な注文が来た時にそれでも引き受けてしまう業者は信用できません。

出来ると言ってしまえば利益は上がりますが出来上がりが不十分になってしまうかもしれませんので、無理に引き受けることや強引に契約を結ぼうとする業者は選ばないほうが良さそうです。

逆に今は塗装しなくても大丈夫だけれども数年後にしたほうが良いなんて教えてくれる業者さんだと数年後お願いしたくなっちゃいます。

リフォームを成功させるために抑えるべきポイント

ただリフォームをすれば快適で思い通りの空間が出来上がるわけではありません。
リフォームを成功させるにはいくつかの抑えるべきポイントがあります。

まず、何のためのリフォームかという目的をしっかりと決めることです。
部屋の機能そのもを変更するリフォームなのか、気分を変えるためにインテリアの雰囲気を変えるリフォームなのかなど目的がきちんと決まっていれば、何を優先するかも自然と決まります。

予算に限度がなければいろいろなことができますが、限られた予算の中でこれだけはやりたいというときにこの目的によって、しっかりと何を優先的にすればいいかを判断できます。

リフォームは表面的なものだけでなく構造などにも影響することもあり費用だけでなく物理的にできることできないことも発生します。

そういったときにリフォームのデザイナーやコーディネーター、建築家など専門家のアドバイスをよく聞いて、また自分の思いなどもしっかりと伝えてコミュニケーションをとりながら作り上げていくことになります。

インテリアの知識そのものも勉強すると自分なりにリフォームも提案できますし、よりイメージに近いものを専門家に伝えることができます。
インテリアの知識があれば自分の考えもより具体的に表現できるようになります。

リフォームを成功させるにはしっかりと目的を決め、専門家や業者としっかりコミュニケーションをとりそしてリフォームについてしっかりと勉強すればイメージに近いものができあがります。

費用に見合う業者か見極める

我が家の外壁リフォームをするにはインターネットで業者の内容を確認してから選ぶ必要があり、かかる費用に見合った効果を出せるように正しい業者を選ぶことが大事です。

外壁の状態を良くするためには正しい方法でリフォームを行う必要があり、信頼や実績がある業者を選ぶ方法が望ましいです。

同じ家に長く住むには室内環境を良くする必要があり、物件を構成している外壁の状況を改善する必要があります。
続きを読む

資格や許可証と色合いのトラブル

業者の腕前がわかる資格や許可証

塗装をしてくれる職人さんの腕前を知るのに参考になりそうな国家資格がありました。

塗装技能士というもので一級となると実務経験7年以上で受験資格が与えられるそうです。

ちなみに二級は実務経験2年以上、三級は6ヶ月位上でした。

実技試験と学科試験があって合格率5割以下と難しくなっている分信頼出来るようです。

他にも県からの建築業の許可証なんてものもあり工事の実績が10年以上で様々な条件を満たさなければもらえないものでした。
続きを読む

実際に使える保証

塗装工事中や終了して何かしらの問題が起こった時に助けてくれるのが保証になります。この保証も業者選びをするポイントとして参考になりそうです。

保証は書面で保管できるもので。

保証書には保証内容を細かく書いてもらいいつでも確認できるような状態にしておいたほうが良さそうです。

口約束だけで書面に書いていない場合はそんなことを言っていないと逃げられてしまうかもしれません。

保証の内容もどこまでの事をどんな形で保証してくれてどのような場合だと保証してくれることは出来ないのかをはっきりとさせておきましょう。

このことは契約の時点でしっかりと確認しておいたほうが良さそうでした。保証がしっかりとしていると思っていたけど実は保証外の事があって保証してもらえなかったなんてことにはならないようにしたいです。
続きを読む

1 2 3 4