安い業者に頼んで工事費を節約したら、失敗しました。

壁紙と床をリフォームすることにしました。主婦としたら出来るだけ安くリフォームしたいのは当然のことです。

5社くらい見積もりを取った中で、一番安かったのがそのリフォーム会社でした。

家から少し遠いリフォーム会社でしたが、お客様の声など、チラシには沢山載っていて良さそうだったのが決め手になりました。

床はきれいにしてもらえましたが、壁は最悪でした。

普通壁紙を貼り直す際には下地の難を整えてから貼ると思うのですが、それを怠っていて、貼りあがってから光が当たるとくっきりと壁紙を剥がした後の段差が分かるのです。

特に太陽光で見たときにはっきりと下地の悪さが分かり、はっきり言ってがっかりしました。

部屋のあちこちにそういう箇所があり、本当に納得できませんでした。

主人とも相談してやはり30万近く払ってこれでは納得がいかないので、業者に言ってやり直してもらう事にしました。

業者はしぶしぶおおじてくれましたが、結局同じ壁紙はまた注文しないと手に入りませんので、それが到着するまでやり直しも出来ずガタガタの壁を毎日見ることになりとても憂鬱でした。

結局壁紙を貼り直してもらいましたが、せっかくのリフォームにケチがついてとても嫌な思いをしました。

次回からは安さにとらわれず地元の信頼できる業者に頼もうと思いました。