危なそうな業者のやり方

訪問業者からトラブルが多いようで家が劣化していてすぐに工事をしないと大変な事になってしまうと塗装工事を催促してくるようです。

訪問業者は間違ったことは言っていないかもしれませんがその場で契約までしてしまうのは気をつけたほうが良さそうです。

セールスマンが話していた事が本当かどうかもわかりません。

それにこんなことをして欲しいという要望も訪問業者と職人さんの関係が薄く職人さんの耳にまで届かない場合もあるのだそうです。

契約を取れるかどうかで実績が変わってくるセールスマンは都合の良いことばかり言ってさっさと契約を取ったらもう関係ないなんて思っている人もいそうです。

値引きや安すぎる業者にも注意が必要です。そんな業者にはなにか裏があることがあります。

値段が安いからとお願いしてみたものの手抜き工事をされてしまったなんて人もいました。

本来の金額よりも値引きできるということは提示した金額は高く設定していて、安くしてお得感を出そうという演出の可能性もあります。

塗装工事は本来の金額よりも大幅に変わることはないようなので、安くなりすぎる=危ないと思えます。

見積もりや請求書がしっかりと書かれていない業者も後々のトラブルに繋がりそうでした。

しっかりと細かく書かれた見積もりや請求書を出してもらって誤魔化されないようにするとトラブルを防げそうです。