見積もりや請求書で誤魔化されない

見積もりや請求書が大雑把で誤魔化せてしまえるようなものではなく、不明な点があればこちらから確認して細かいものを出してもらうようにしましょう。

見積書や請求書は適当にまとめて書こうと思えばいくらでも出来てしまうもので外装塗装工事一式いくらとしか書かれていない見積書だと実際にどんなものに費用が掛かっているのかわからず塗料の量や足場の費用などを誤魔化されてしまうかもしれません。

塗料の種類と数量、施工範囲から必要な料金、実際の工程とその費用などを書いてくれる業者さんにお願いしたいです。

他にも足場、ネット養生、高圧洗浄などの単価と面積について書かれていることが望ましいです。

こうやってしっかりとした見積を出してもらえると他社との比較もしやすくなります。

なぜ高いのか、なぜ安いのかなどの原因もわかってきますね。

それから複数の業者で検討してみると失敗は減るようでした。

他社と比較することは失敗しないためにかなり重要だそうで業者選びをする時は最低3社以上と言われています。

見積もりを出してもらう時にその業者の雰囲気を掴めるとなお良さそうですよ。

見積もりを出してもらった時と実際の請求書が全く違うということもありましたので追加請求によって思っていた予算よりオーバーしてしまうことが無いようにこれ以上の金額の上乗せは無いのか確認しておく必要もありました。