実際に使える保証

塗装工事中や終了して何かしらの問題が起こった時に助けてくれるのが保証になります。この保証も業者選びをするポイントとして参考になりそうです。

保証は書面で保管できるもので。

保証書には保証内容を細かく書いてもらいいつでも確認できるような状態にしておいたほうが良さそうです。

口約束だけで書面に書いていない場合はそんなことを言っていないと逃げられてしまうかもしれません。

保証の内容もどこまでの事をどんな形で保証してくれてどのような場合だと保証してくれることは出来ないのかをはっきりとさせておきましょう。

このことは契約の時点でしっかりと確認しておいたほうが良さそうでした。保証がしっかりとしていると思っていたけど実は保証外の事があって保証してもらえなかったなんてことにはならないようにしたいです。

数年後もその業者があるのか

いくらしっかりとした保証書があってもその業者が無くなってしまっては意味がありません。

塗装工事をした数年後に問題が起こってしまい保証に頼るようなケースなど今までの業績を見て数年後にも連絡が取れそうなのか考えてみることが大切そうでした。

地域に密着したほそぼそと長く経営している業者は大手よりもここが信頼出来そうですね。

保証を比べる

見積もりもそうですが複数の業者に話を聞いて比べる時に保証も一緒に比べてみるのもありです。業者によって保証は変わってくるので業者選びの参考になりそうです。