以外と早い外壁リフォームの時期

外壁は、案外過酷な状況にさらされている事が多く、新築住宅を購入しても、思った以上に早い時期に外壁リフォームが必要になる事もあります。

その素材によってはもっと時間が経過してからでないと劣化しない物もありますが、普通の外壁であればおおむね7年から10年ほどでリフォームや塗装が必要になるようです。

日本では雨が多く、酸性雨なども降りやすく、さらに最近は夏の気温も上がり、日照による劣化も余儀なくされるのです。

我が家もやはり入居してから6年ほどが経過をしておりますので、そろそろ外壁リフォームも視野に入れていかなければならないと思っています。
続きを読む

大正解の色選び

昨年5月に外壁塗装工事をしました。

築20年、建坪30坪の木造二階建ての住宅です。

前回の塗装工事から10年経過して、外壁はまだきれいでしたが、木部、特に軒の傷みが気になっていました。

梅雨入り前に終わらせておくと作業がスムーズだからということで、ゴールデンウィークを利用して工事に踏切りました。

今回依頼した業者さんは、お隣が塗装工事をしたときの人を紹介してもらいました。
近くでやっていて、その仕上がりがきれいだから同じ所に頼むというパターンはよくあるみたいです。

まず見積もりです。
金額的にも妥当だったので、すぐに契約しました。

一番迷ったのは色です。
もちろん見本はありますが、小さなカラーチャートなのでイメージがわかないのです。
続きを読む

15年目の外壁塗装リフォーム

我が家は新築から15年ほど経過しました。

そろそろ外壁の色も塗りなおした方がいいんじゃないかという声があり家族で話し合い、外壁塗装のリフォームをすることに決まりました。

色は家族みんなの意見を出し合って最終的には父親が決めました。薄いベージュと屋根はグリーンにしました。費用もじっくり色々な会社を見比べました。

だいたい調べていると80万から120万ぐらいが多いみたいです。
続きを読む

築20年で屋根を塗り替え

うちの住宅は築20年のお家ですがこの間、知り合いの塗装屋に屋根の塗り替え作業をしてもらいました。

屋根は10年から15年に1度くらいのペースで塗り変えるのが理想らしいです。

日頃、雨、風、紫外線に当たり続けている屋根は自分ではなかなか傷み具合や塗り替え時期があまりわかりませんよね。

プロに見てもらえば一目瞭然なのでプロに頼みましょう。

しかし、屋根の塗り替えといっても決して安いものではありません。

それなりに金額はかかってしまいます。

だからこそ信用できる業者を自分で見極める事が大切ですよ。
続きを読む